荷物を配達する人たちに住んでいる部屋を知られたくない場合は荷物を取りに行こう!

  • By :

営業所に配達してもらって取りに行く

便利なのでインターネットショッピングをよく利用しているものの、配達する人たちに住所や名前だけではなく、自分がどんな部屋に住んでいて、どんな顔をしているのかを知られてしまうのが少し気になるという人は少なくないでしょう。特に、一人暮らしの女性にはそういった人が多いかもしれません。

対策は比較的簡単です。荷物を自宅に配達してもらうのではなく、自分から取りに行けばいいのです。具体的にどうすればいいのかというと、まず、ネットショップに通知する配送先として、運送会社の営業所の住所を指定します。ネットショップが利用する運送会社の名前は大抵公開されているので、それを手がかりに、自宅最寄りの営業所の住所を調べることができます。

自分の名前と電話番号は運送会社に伝える必要あり

届け先の名前と電話番号は必ず自分のものを書きましょう。そうしないと営業所が本人確認をすることができないからです。

営業所まで荷物がきたか確認するには、ネットショップが通知する配達番号でチェックします。運送会社のホームページにアクセスすると、配達番号を入力することで荷物の状態を調べられるサービスがあるので、そこの入力フォームに配達番号を入れましょう。

荷物が営業所まで届いていたら、運転免許証のような、自分の身分を証明できるものを持って取りに行きます。また、電話番号も必ず聞かれるので、自分の携帯番号、あるいは固定電話の番号を伝えられるようにしておきましょう。確認が無事済んだら、荷物を受け取ることができます。

機密文書とは重要な要件等が記載されている書類のことで、必要な人間のみが閲覧できるように取り扱います。