電子カルテの導入することで何ができるのか?

  • By :

電子カルテの現状とは?

電子カルテとは、医師が患者を診療する際にその経過を記していた紙のカルテを電子情報としてデータベースに記録管理しする仕組みを指しています。いくつかの病院ではこの電子カルテが採用されていますが、データの処理や保存方法が医療施設間で標準化されていないため、医療施設間での情報の共有化がまだなさされていません。厚生労働省は、電子カルテ標準化のための委員会を設置し、医療施設同士のデータ共有を目指しているが初期投資などが壁となって達成できていないのが現状です。ところで電子カルテを導入す?るメリットは何でしょうか?

電子カルテによる業務の効率化とは?

近年ではセカンドオピニオンの必要性に伴って、医療関係者だけではなく患者側から自分の診療情報への情報アクセスが必要とされています。患者によるセカンドオピニオンが求められた際に電子カルテであれば情報アクセスが便利になることが挙げられ、地域医療の格差をなくすためにも電子化が必要となってきているのです。業務の効率化を図るために電子カルテの導入して医療機関内での情報データベースの共有することで、業務効率化とサービスの向上を図っていきます。地方においても特に医師や看護師による在宅医療のニーズが高まっているのです。電子カルテが普及し情報共有をすることで患者側も医師とコミュニケーションをする機会が増えますから、病気予防や不安解消に電子カルテを役立てることができます。病院側は、患者との信頼関係を作りながら在宅医療や介護施設との連携などに対応していけるのです。また、他の病院を紹介や薬局への情報提供も容易になるでしょう。

電子カルテを利用することによって、コンピュータ上で患者情報の管理できるようになり、さらに複数の医療施設でデータの共有が可能となります。