LTVとは何か?顧客管理をして経営を上手くする

  • By :

LTVはリピーターを見込むもの

LTVはライフタイムバリューの略であって、商売をするときに重要な要素の1つですよ。これは日本語に訳すと顧客生涯価値と呼ばれています。具体的に説明するとお客さん一人ひとりが生涯支払ってくれる金額を含めた戦略です。1つ購入しただけでは結果的に赤字になってしまう商品があるとします。生涯に渡ってリピートしながら使ってもらう場合、どれくらいの金額になるかを計算するのです。これをLTVと言い、LTVを活かした戦略こそが長期売上を継続するための秘訣となっています。そこで企業側は何度もリピートしてくれる工夫や、より高い商品を購入してもらいための工夫をしているのです。年に一度の特別なキャンペーンや初回利用者を対象にした特別価格が該当します。上手くLTVを利用すると将来的に大きな会社にできる可能性が高まるのです。

LTV利用に適した会社を知っておくと便利

長期利用者を想定したLTVは使いやすいように感じますよね。しかし適した会社とそうでない会社があるのです。例えば適した会社はサプリメントを販売しているところや、主に消耗品を販売している企業となっています。消耗品なので一度購入しても使えば商品はなくなってしまうのです。リピーターをつけると再度購入してもらえる可能性があるのでLTVが活かせます。逆に向いていない企業は一生モノの商品を販売しているところです。大金を出して購入する住宅を扱っているメーカーや、一生に一度の結婚指輪を扱う会社が該当します。リピーターをつけるのは困難に近いので、LTVを取り入れてもあまり意味がないといえるでしょう。

顧客LTV最大化とは、顧客が企業にとってどれ程の利益貢献をしてくれるのかを測り、その値を最大化することです。