人材育成は最初が肝心!内定者フォローから始まる社員教育

  • By :

内定者は不安や疑問を抱えている

人材不足が続く中、新卒の3割が入社後3年以内に会社を辞めるといわれる現状を打開するため、企業側では定着率を高めるために内定者フォローに力を入れる動きが顕著となってきています。通常、内定を受けた学生は入社後に企業の社風や理念などを直に体験することになりますが、その際、思い描いていた職場像とのギャップに悩み、早期に離職してしまうケースも少なくありません。そのため、企業側としては内定者フォーローを通じて入社後に感じる理想と現実のギャップを緩和し、スムーズに企業になじんでもらう必要があります。

定着率を高めるためには入社前の対応が肝心

では、内定者フォローはどのように行われるのでしょうか。まずはな内定者に入社の意思を固めてもらうことが大切です。面談を通して内定者が疑問に思っていることや不安に感じている点などを聞き出し、それらを解消することで入社の意思と意欲を高めてもらいます。次に内定者同士の交流を図るのも有効です。これは懇親会などを開催して内定者同士の関係を深め、連帯感を醸成します。このほか職場見学や社内行事への参加などを通じて会社の雰囲気に慣れてもらうこと、会社の理念や業務内容を十分に把握してもらうために社内報の送付、説明会の開催なども有効です。

社員教育の重要度は高まるばかり

いかに優秀な人材を採用したとしても、その人を生かすも殺すも入社後の育成次第といわれています。人材育成は会社の業績アップや企業の社会的価値の向上に欠かせない要素です。まずは企業の理念や目指すべき方向などを共有してもらい、社員としてのルールとマナーを繰り返し指導することが大切です。商品やサービスでの差別化がますます困難になる中、選ばれる企業となるためには社員教育の重要度は増すばかりです。

ここでは、社員教育に必要な「アイウエオ」を説明します。「ア=あいさつ」、「イ=意欲」、「ウ=嘘をつかない」、「エ=鋭気」、「オ=温情」です。これらを実践していくとよいでしょう。